日馬富士自主的引退が時間の問題!?貴ノ岩ビール瓶で殺す勢い

 

日馬富士ついに撤退か

大相撲東横綱、日馬富士(33)本名ダワーニャム・ビャンバドルジ

モンゴル出身(伊勢ケ浜部屋)

九州場所前の秋巡業中に同郷モンゴル出身の東前頭8枚目

貴ノ岩(27)本名アディヤ・バーサンドルジ貴乃花部屋

へ暴行をしていたことが14日、本人の謝罪により判明。

双方の師匠から事情を確認した日本相撲協会は

危機管理委員会(委員長=高野利雄・元名古屋高検検事長)

で調査に乗り出し、処分などを決める方針。

貴ノ岩側は10月末に鳥取県警に被害届を提出し、受理されている。




 

また複数の協会関係者の情報によると、トラブルは10月26日に行われた

鳥取巡業の前夜に起きた。

鳥取市で複数人が参加した宴席で日馬富士が酒に酔い、貴ノ岩の言動に腹を立て

てビール瓶で殴打するなどしたという。

医師の診断によると、「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎

右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間程度と考えられる」との内容

 

貴ノ岩はその後も、巡業に出場し、11月2日には部屋宿舎のある

福岡県の市役所を表敬訪問していたが、同5日から5日間、福岡市内の病院に入院。

九州場所は12日の初日から休場し、2日目の13日に

「右中頭蓋(ずがい)底骨折、髄液漏の疑い」などで

全治2週間とする診断書を提出していた。

 

貴ノ岩の師匠の貴乃花親方(元横綱)は巡業部長を務めており

この日協会の聴取に

「私にも至らないところがあった。被害届を取り下げるつもりはない」

と話したという。

貴ノ岩の再出場は厳しいとみられ、来年1月の初場所では

十両に転落する見通しとなるがファンは納得せず

日馬富士に責任取って引退を進めており

状況が重いだけに今回はその動きも検討中らしい

日馬富士の繰り返される暴力に日本相撲協会も引退路線を推奨

との情報らしい・・・



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP