尾崎牛(銘柄和牛)に自分の苗字をつける尾崎宗春氏の想い

自分のことを牛飼いと言って謙遜する尾崎宗春社長

   

 

ただ単に太らせることでなく

第4の胃袋を健康にすることや独自に開発した配合飼料には

特別なノウハウと研究の成果と豪語自画自賛。




毎日自分が食べてもしつこさがないような

肉質や脂質の管理など本人のホームページなどでも

詳しく説明をし、ダイレクトに通信販売まで行っている。

      

 

 

エピソード①

本人が毎日食べるために宮崎市内に7軒7業態のお店へ出荷し

ホテル、焼肉屋、ゴルフ場、等々毎日ローテーションして検品と称し

夜更けまではしごし、好物の赤ワインで美女を囲い楽しく過ごしていました。

その時の格言として

「美人はうまい肉についてくる!!」

だそうです(;’∀’)

 

      

 

エピソード②

2009年12月

尾崎牛ビーフステーキジャーキーの開発で訪ねた時

焼肉屋で尾崎牛を本人に焼いていただきました。

その時草刈り機で片足切断大けがをして

現在は義足だということを話してくださいました。

 

     

 

エピソード③

相変わらずのスケベなFB投稿見るたび

不思議とほっとする今日この頃でした(笑)

 

尾崎社長最近太ったんじゃないですか??

美女と赤ワインが多すぎませんか(笑)

 


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP